よくあるご質問 Q&A | 酵素洗顔料パパウォッシュのイー・エス・エス ESS

よくあるご質問 Q&A

パパウォッシュ編

発売以来変わらぬ品質で、肌質や年齢を問わず多くの方に愛され続けている酵素洗顔料パパウォッシュ。パウダータイプや酵素洗顔料をはじめてお使いになる方から多く寄せられている質問をご紹介いたします。

他の酵素洗顔とはどう違うの?

酵素洗顔は週に1~2回と使用回数が限られたものが多いですが、パパウォッシュは肌に穏やかに作用する100%天然のパパイン酵素を配合しているため、毎日朝晩お使いいただけます。普通の洗顔料では落としきれない汚れ(タンパク質)まで、分解してやさしく取り除きます。

パパウォッシュはメイクも落とせるの?

パパウォッシュ クレンジングオイル

軽いメイク(化粧下地やパウダーファンデーション程度)でしたら、2度洗いで落としていただけます。
ただし、落ちにくいマスカラやウォータープルーフ処方のメイク製品をお使いの場合は、パパウォッシュと相性の良い、パパイン酵素配合のクレンジングオイルの併用をおすすめします。オイル×酵素のW効果で、メイクも角栓も“するん”と一気に落とします。

つっぱったり、カサついたりしない?

肌に必要なうるおいを取り過ぎることはありませんので、ご安心ください。パパウォッシュには加水分解卵白やコメヌカエキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキスなどの植物保湿成分も配合しているため、さっぱりするのにしっとり感もあります。また、お好みの洗い上がりの感触や香りによって、4種類からお選びいただけます。

  • コメヌカエキス
  • ローズマリー葉エキス
  • カミツレ花エキス

モコモコに泡立てなくていいのはどうして?

パパウォッシュは酵素のチカラで汚れを分解して取り除くため、水を加えて軽く泡立てる程度で十分。肌に密着するようななめらかな泡がベストです。モコモコに泡立てる必要がないので簡単に洗顔できます。顔のすみずみまで、心もち時間をかけて洗顔するのが酵素の特性を活かした洗顔法です。

エイジングケア*ができるのはどうして?

肌の生まれ変わりは約28日周期といわれていますが、年齢とともにその速度は遅くなります。古い角質が厚く重なると肌の透明感が失われ、トラブルの原因になるほか、せっかくのスキンケア効果も半減。汚れだけでなく、毎日の洗顔で無理なく不要な角質を取り除くことが若々しい印象を保つ秘訣です。

  • *年齢に応じたお手入れ

ページTOPへ↑

オイルクレンジング編

35年以上パパイン酵素洗顔料で培われてきたノウハウを活かし、望まれる機能をすべて備えたクレンジングオイル。はじめてご利用になられる方から、ご質問を多くいただくものをご紹介いたします。

まつ毛エクステをしていても使える?

まつ毛エクステイメージ

一般的によく使われているシアノアクリレート系のグルーでしたらお使いいただけます。なお、強くこするとエクステンションやまつ毛が取れやすくなるため、まつ毛の流れに沿い根元から毛先に向かってやさしくなじませましょう。

パパイン酵素が入っていますが、W洗顔は必要?

肌の断面図 ※イメージ

クレンジングにはファンデーションなどの油汚れや、毛穴に詰まった角栓を落とす機能を持たせています。一方パパウォッシュは、古い角質や余分な皮脂のほか、肌に残ったクレンジング料などを落とす働きがあるため、W洗顔がおすすめです。

クレンジングオイルって、ベタつくのでは?

クレンジングオイル

パパウォッシュ クレンジングオイルは軽い感触ですべるようにのび、洗い流しもとてもスムーズです。いやなベタつきやヌルつきがなく、メイクと一緒に毛穴に詰まった角栓までするんと落とします。

オイルタイプのクレンジングを使うと肌が乾燥しませんか?

パパウォッシュ クレンジングオイルには保湿成分として吸着型ヒアルロン酸を配合しているため、洗浄力が高くても、肌のうるおいは守って洗い上げます。乾燥肌の方にも安心の使い心地です。

  • *ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせはこちらから受け付けています。

美容相談窓口

ページTOPへ↑

Eco 地球にも人にもやさしい物づくりのために、ESSではさまざまな取り組みをすすめています。

ご購入 & お問い合わせ

商品は下記のイー・エス・エス ショッピングサイトよりお求めいただけます。

  • ESS Online Shop
  • USS Online Shop

上記ショッピングサイトでアカウントをお作りいただくとESS会員となります。
ESSが運営する全てのショッピングサイト(ESS・USS)を共通のアカウントでご利用いただけます。会員番号やお客様のご登録情報は一括管理しております。

ページTOPへ↑

HOME